• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 商売などで、いつも出入りしている家。得意筋。

  1. 江戸幕府の訴訟手続きの一。奉行所原告被告を呼び出し、対決審問のうえ、判決を下す手続き。主に民事を扱った。→吟味筋

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉