• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

地歌。宇治加賀掾作の浄瑠璃の一部をとって、宝永(1704~1711)ごろに初世杵屋長五郎が作曲。狩野元信と傾城 (けいせい) 遠山の伝説によっており、歌祭文 (うたざいもん) の曲節を取り入れている。