• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[連語]

  1. (あとに体言を伴って)人柄などが円満ですぐれている。「心の広い―人物」

  1. みごとにやりとげた。でかした。感動詞的に用いる。

    1. 「―、―、あっぱれ、あっぱれ」〈浄・反魂香

出典:gooニュース