1. 《「でば」とも》外へ出るきっかけ。

    1. 「跳ね返されて、―を失って、ごうと吼 (ほ) えている」〈漱石・坑夫〉

  1. 《「でば」とも》外出する手段。交通の便。

    1. 「わざわざこんな―の悪い処へ引込んで」〈荷風腕くらべ

  1. で、神・鬼・精・霊などの後ジテツレが登場するときに用いる囃子 (はやし) 

  1. 歌舞伎で、主役などの登場。また、その際の所作や下座音楽

  1. 舞踊的な芸能で、登場するとき、また、退場するときの舞踊・音楽など。出羽。⇔入端 (いりは) 

  1. 《「でば」とも》ちょうど出るおり。出しな。出ばな。

    1. 「あれあれ、いま月の―ぢゃ」〈和泉流狂・吹取り〉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

出典:青空文庫