番茶・煎茶 (せんちゃ) に湯を注いだばかりの香味のよいもの。「鬼も十八、番茶も―」

「―を入れ替えて参りました、さあどうぞ」〈左千夫・春の潮〉

出典:青空文庫