1. 直衣 (のうし) または衣冠姿で、美しく仕立てた内着の衵 (あこめ) の裾先を袍 (ほう) 襴 (らん) の下からのぞかせること。出衵 (いだしあこめ) 。出袿 (いだしうちき) 。出褄 (いだしづま) 。

  1. 寝殿や牛車の簾 (すだれ) の下から、女房装束の袖や裾先を出すこと。うちいでのきぬ。うちだし。