• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 武家時代、出陣に際して行われた儀式。大将が具足姿で床几に腰をかけ、打ち鮑 (あわび) ・搗 (か) ち栗・昆布の3種を肴に三献をくんだ。

  1. 何か事を始めるにあたり成功・勝利を祈念して行う儀式。「体育大会への―」