• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「史記孟嘗君 (もうしょうくん) 伝から》斉の孟嘗君が秦から逃れて函谷関まで来たとき、鶏鳴まで開かない規則の門を、鶏の鳴きまねがうまい者の働きによって開けさせて無事通過することができたという故事。→鶏鳴狗盗 (けいめいくとう)