• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

刀耕火種の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

山林を伐採し、火を放って草木を焼き払い、そこに種をまく意。焼畑農業のこと。▽古来、山地で行われた農法で、広く原始的な農業形態の意味でも用いられる。
出典
『東斎記事とうさいきじ
句例
刀耕火種の生活
類語
刀耕火耨とうこうかどう

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。