• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

刀剣の銘で、左腰に刃を上にして差したとき、茎 (なかご) の差表 (さしおもて) 側になる方に彫ったもの。→太刀 (たち) 銘