江戸時代、検地帳などに記載された農民の名前の肩に、「誰々分」と本百姓の名を書き付したこと。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉