• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動サ五(四)]

  1. 中心になって物事を処理する。また、巧みにやりくりする。「店をひとりで―・す」

  1. 物のまわりを切る。

    1. 「髪を禿 (かぶろ) に―・し」〈平家・一〉

  1. あちらこちらを切る。また、手当たりしだいに切る。

    1. 「すすけたる明かり障子の破ればかりを、禅尼手づから、小刀して―・しつつ張られければ」〈徒然・一八四〉