• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ひたすらに思う心。

「私の―は、梅子さん、疾 (と) く御諒承下さるでしょう」〈木下尚江火の柱