• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 途中まで切ること。また、途中まで切ったもの。

  1. 板を横に張った板塀や羽目板。また、板を横に張った目隠し用のついたて。

  1. 幣帛 (へいはく) につける紙の四手 (しで) 

  1. 武具の一。御幣に似た指物 (さしもの) 

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉