• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

光学顕微鏡や電子顕微鏡で観察するため、生体組織などの、ごく薄い切片を作成して試料とすること。100マイクロメートル程度の切片は剃刀 (かみそり) で作成でき、より薄い切片はミクロトームなどが用いられる。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉