• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

刎頸之交の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

首を切られても悔いないほど、固い友情で結ばれた交際。心を許し合った非常に親密な交際。▽「刎頸」は首を切ること。「頸」は首。「刎」は切る、はねる意。「交」は「こう」とも読む。
出典
『史記しき』廉頗藺相如伝れんぱりんしょうじょでん
句例
刎頸の交わりを結ぶ
用例
そのうえ、二人の間柄はただの友ではなかった。死を共にするという刎頸の交りを誓いあった仲で、<司馬遼太郎・項羽と劉邦>
類語
管鮑之交かんぽうのまじわり 金蘭之契きんらんのけい 膠漆之交こうしつのまじわり 水魚之交すいぎょのまじわり 耐久之朋たいきゅうのとも 断金之交だんきんのまじわり 莫逆之友ばくぎゃくのとも 刎頸之友ふんけいのとも 雷陳膠漆らいちんこうしつ
故事
中国春秋時代、趙ちょうの廉頗れんぱ将軍は、弁舌のみによる外交戦略で恵文王けいぶんおうの厚い信頼のあった藺相如りんしょうじょを恨んでいたが、相如は二人が相争えば趙が強国の秦しんに攻め滅ぼされてしまうとして二人の争いを避けた。これを聞いた廉頗は心から謝罪し、二人は相手のためなら首を切られてもよいと思うほどの深い親交を結んだ故事から。

刎頸之交の解説 - 学研 四字熟語辞典

首をはねられても後悔しないほど、固い友情に支えられた交際。
注記
「刎」は、切る・はねる。「頸」は、首。「刎頸」は、首をはねること。「交」は、「こう」とも読む。
故事
中国春秋時代、趙ちょうの将軍廉頗れんぱは、外交戦略で恵文王けいぶんおうの信任が厚い藺相如りんしょうじょをねたんでいた。しかし相如の方は、二人が争えば、結果として、大国秦しんに攻め滅ぼされてしまうと考え、二人の争いを避け続けた。これを伝え聞いた廉頗は大いに恥じ、また心から謝罪し、以降、二人は相手のためなら首をはねられてもいいと思うほどの親交を結んだ。
出典
『史記しき』廉頗藺相如れんぱりんしょうじょ
類語
管鮑之交かんぽうのまじわり 金石之交きんせきのまじわり 金蘭之契きんらんのけい 膠漆之交こうしつのまじわり 水魚之交すいぎょのまじわり 断金之交だんきんのまじわり 莫逆之友ばくぎゃくのとも 雷陳膠漆らいちんこうしつ

キーワード[交際]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。