• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 染め物を初めて染め液に浸すこと。ひとしお。

  1. 草木の葉が春や秋に色づき始めること。

    1. 「浅みどり―染むる春雨に野なる草木ぞ色まさりける」〈風雅・春中〉

  1. 涙で袖の色が変わること。嘆き悲しむさまをいう。

    1. 「いかにして袖の涙の―に染むる心の深さ見えまし」〈新千載・恋四〉