• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 幼児や鳥のひなが、初めて歩いたり飛んだりすること。

    1. 「夏ばかり―すなるほととぎす巣には帰らぬ年はあらじな」〈宇津保・祭の使〉

  1. 久しぶりに外出すること。

    1. 「内裏などにもあまり久しう参り侍らねば、いぶせさに、今日なむ―し侍るを」〈・葵〉

  1. 病後、初めて床を離れて歩いてみること。

    1. 「枕始めてあがり、杖竹をたよりに寺中静かに―しけるに」〈浮・五人女・四〉