鳥や虫の、その年、その季節の最初の鳴き声。特に、鶯 (うぐいす) の鳴き声にいう。 春》「うぐひすの身を逆 (さかさま) に―かな/其角
源氏物語第23巻の巻名。光源氏、36歳。源氏の年賀回り、新年の六条院の華やぐさまなどを描く。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[春/動物]の季語

出典:青空文庫