判じること。判断。

「文吾の幼い頭にも少しずつ―がつきかかって来た」〈上司・石川五右衛門の生立〉

出典:青空文庫