1. 律令制で、式部省が選抜し、太政官 (だいじょうかん) に申し出て官職に任じること。また、その官。郡司の主政・主帳などの下級職員を任じた。→勅任奏任

  1. 判任官」の略。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉