[名](スル)
  1. 是非善悪などを判断して決めること。

    1. 「豈 (あに) 凡傭 (ぼんよう) 之 (これ) を―すべけん哉 (や) 」〈魯文・高橋阿伝夜叉譚〉

  1. 訴訟事件に対して、裁判所法規に基づいて下す最終的な判断。民事訴訟法では原則として口頭弁論を経て行われ、刑事訴訟法では公判手続きにおいて必ず口頭弁論を経て行われる裁判所の裁判。「判決を言い渡す」

[社会/法律]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫