神職などが日常用いる火による穢 (けが) れを忌んで、神事・祭事に際して炊事の火を別にすること。また、服喪にある者などが穢れを他にうつさないように炊事の火を別にすること。べつび。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉