• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

刻舟求剣の解説 - 学研 四字辞典熟語

時代の変化を知らずに、古い方法や慣習などに固執することのたとえ。
注記
「舟ふねに刻きざみて剣けんを求もとむ」と読み下す。中国春秋時代、楚の人が舟で川を渡ったとき、剣を水中に落としてしまった。そこで後で探すために剣が落ちたところの船べりに印を刻み、向こう岸に着いてから、その印を刻んだところから水中に入って剣を探したが、見つからなかったという説話から。
出典
『呂氏春秋りょししゅんじゅう』察今さっこん
類語
旧套墨守きゅうとうぼくしゅ 守株待兎しゅしゅたいと

キーワード[融通がきく/きかない]の四字熟語