《「髪 (かみ) 剃り」の意》

  1. 頭髪・ひげなどをそるのに用いる刃物。切っ先がなく、刃が薄く、鋭利。こうぞり。

  1. 切れ味が鋭いさま、また、才気鋭く、物事の処理が速く巧みなさまや人のたとえ。「剃刀の頭脳」「剃刀パンチ」

[補説]作品名別項。→剃刀

中村吉蔵の戯曲。1幕。大正3年(1914)10月、帝国劇場にて芸術座が初演。大正時代の社会劇の代表的作品。

出典:青空文庫