• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 材料の表面を削って仕上げる際に、削り落とす分として、仕上がり寸法よりも大きめにとっておく部分。

  1. 経費や予算などの、削減できる分。「経費の削り代を見いだす」