• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

雑俳の一。出題された七・七の短句(前句)に五・七・五の長句(付句)をつけるもの。元禄(1688~1704)ごろから庶民の間に流行、のちの川柳の母体となる。例えば「美事 (みごと) なりけり美事なりけり」に「要 (かなめ) ぎは残してさっと海に落ち」とつける類。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉