• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

折り紙を平らに折って展開したとき、その折り線が交差する点に着目すると、山折り谷折りの線の数の差は、かならず±2となるという定理。1980年代に前川淳作が発表。

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉