[名](スル)
  1. ある位置を境にした、まえとうしろ。「―の車輪」「―を見回す」

  1. 時間的にみた、まえとあと。「大会開幕―の慌ただしさ」

  1. 物事の順序や相互の関連。また、筋道。「話に―のつながりがない」「―の見境もなく買いまくる」

    1. ㋐順序が逆になること。あとさきになること。「話が―する」「紹介が―する」

    2. ㋑ほとんど間隔をおかずに続くこと。「両者が―してゴールする」

  1. 出来事の、おおよその時期。ころ。「結婚した―は生活が苦しかった」

  1. (接尾語的に)数量・年齢・時間などを示す語に付いて、その数値に近い意を表す。ぐらい。内外。「十人―」「三五歳―」「九時―」

出典:青空文庫