• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

前途多難の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

これから先多くの困難や災難が待っているさま。また、待っているだろうことが予期されること。▽「前途」は将来、目標までの今後の道のり。「途」は道のり。「多難」は困難や災難の多いさま。
句例
まだまだ前途多難だ
用例
いやはや、聞けば聞くほど風説と実際の食いちがいに驚くばかりじゃ。前途多難もよいところではないか、なあとも。<杉本苑子・影の系譜>
類語
前途遼遠ぜんとりょうえん
対義語
前程万里ぜんていばんり 前途有望ぜんとゆうぼう 前途洋洋ぜんとようよう
活用形
〈―ナ〉

前途多難の解説 - 学研 四字辞典熟語

これから先に、多くの困難が待ち受けているということ。将来にいろいろな苦労があることが推測されること。
注記
「前途」は、空間にも時間にも使われ、「ここから先」「これから先」の意。「多難」は、数多くの苦労や災難。
類語
前途遼遠ぜんとりょうえん
対義語
前程万里ぜんていばんり 前途有望ぜんとゆうぼう 前途洋洋ぜんとようよう 鵬程万里ほうていばんり

前途多難の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]目的の達成まで障害の多いこと。将来に多くの困難が予想されること。また、そのさま。「前途多難の様相を呈する」

キーワード[困難]の四字熟語

キーワード[先行き]の四字熟語

出典:gooニュース