• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

前途洋洋の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

今後の人生が大きく開けていて、希望に満ちあふれているさま。▽「前途」は将来、目標までの今後の道のり。「途」は道のりのこと。「洋洋」は水があふれるように一面に満ちている様子。前途が大きく広がっていることを表す。
句例
前途洋洋たる未来
用例
惜しむらくは病のために、五月故山に退き、十二月三十六歳を以もって前途洋々たるに遂ついに歿ぼっした。<子母沢寛・勝海舟>
類語
前程万里ぜんていばんり 前途有為ぜんとゆうい 前途有望ぜんとゆうぼう 鵬程万里ほうていばんり
対義語
前途多難ぜんとたなん 前途遼遠ぜんとりょうえん
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

前途洋洋の解説 - 学研 四字辞典熟語

見通しが明るく、希望に満ちていること。将来の望みが多いこと。
注記
「洋洋」は、水が豊富に満ちているさま。転じて、豊かで盛んなさま。
類語
前程万里ぜんていばんり 前途有望ぜんとゆうぼう 鵬程万里ほうていばんり
対義語
前途多難ぜんとたなん 前途遼遠ぜんとりょうえん

前途洋洋の解説 - 小学館 大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]先行きが開け、未来に希望のもてるさま。