• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

前途遼遠の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

目的達成までの道のりや時間が、まだ長く残っているさま。今後の道のりがまだ遠くて困難なさま。▽「前途」は将来、目標までの今後の道のり。「途」は道のりのこと。「遼遠」ははるかに遠いさま。「遼」は道が延々と長く続いている意。
句例
目標まではまだ前途遼遠だ
用例
宰予さいよの不徹底さが、孔子の目に映じないわけはなかった。孔子は、前途りょうえんだ、という感じを抱きながら、<下村湖人・論語物語>
類語
前途多難ぜんとたなん
対義語
前程万里ぜんていばんり 前途有望ぜんとゆうぼう 前途洋洋ぜんとようよう
活用形
〈―ナ〉

前途遼遠の解説 - 学研 四字辞典熟語

行く手の道のりがはるかに遠く、困難が待ちうけていること。多くの苦労や災難が予想されること。
注記
「遼遠」は、目的地までの時間も距離も遠く隔たっているさま。
類語
前途多難ぜんとたなん
対義語
前程万里ぜんていばんり 前途有望ぜんとゆうぼう 前途洋洋ぜんとようよう

前途遼遠の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]目的地までの道のりが非常に長いこと。また、目的の達成までの時間が長くあること。また、そのさま。「前途遼遠な計画」

キーワード[困難]の四字熟語

キーワード[先行き]の四字熟語

キーワード[近い/遠い]の四字熟語