[名]《「目 (ま) 方 (へ) 」の意》
  1. 普通の状態で顔または視線の向いている方向。おもて。前方。「まっすぐ前を向く」⇔後ろ

  1. 他人のいるところ。面前。「子供の前でそんなことは話すな」

  1. 建物などの正面。表の方。「駅の前の大通り」「像の前で記念写真をとる」⇔後ろ

  1. その事柄に対した時の状況。「新企画の前に立ちはだかる難問」「厳格な規則の前には手も足も出なかった」

  1. 連続するものの初めの部分。さき。「行列の前を歩く」「前から八番目の席につく」⇔後ろ

    1. ㋐ある時点より前。「三〇分ほど前に電話があった」

    2. ㋑以前。むかし。「前に会ったことがある」「前のことを持ち出す」

  1. 順序の先のほう。「前からの約束」「前のページ」

  1. 身体の正面の部分。また、陰部。「前をはだける」「前を隠す」

  1. 前歴。特に、前科。「前がある」

  1. 10 正面の庭。前庭。

    1. 「ひとりしていかにせましとわびつればそよとも―の荻ぞこたふる」〈大和・一四八〉

  1. 11 神の御身。神を直接指すのを避けて付ける語。

    1. 「能く我が―を治めば」〈・上〉

  1. 12 神・貴人を敬っていう語。

    1. 「御―にも、えさはあらじとおぼしめしたり」〈・八七〉

  1. 13前神」の略。

    1. 「社一百九十八所…―一百六座」〈延喜式・四時祭上〉

  1. 14 連歌・俳諧で、前句のこと。

    1. 「この―出でて、座中暫 (しばら) く付けあぐみたり」〈去来抄・先師評〉

  1. 15 女性の名の下に付いて、尊敬の意を表す。

    1. 「千手 (せんじゅ) の―」〈平家・一〇〉

[接尾]
  1. 名詞や動詞の連用形などに付いて、それに相当する分量や部分などを表す。「五人前」「分け前」

  1. 名詞に付いて、その属性・機能などを強調する意を表す。「男前」「腕前」

[補説] 
2014年6月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2014」キャンペーンでの「前」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆目や顔、又は腹やつま先が向いている方向。時間的に昔のこと。未来やポジティブな思考を意味する向き。
こつぶさん

◆動くものにおいては、そのものが進む方向。動かないものにおいては、他から眺めてもらいたい方の面。
shunさん

◆使い方によっては「過去」にも「未来」にもなる言葉。
カワサッキーナさん

◆夢や目標が存在する方向。
チラミンさん

◆まだ自分の足跡がない場所。
ちりちりさん

◆これからの人生において、未来のある方向。これまでの人生における、過去のひととき。
神月ゆうさん