• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]鋭利な刀剣。また、単に刀のこと。つるぎのたち。
    1. 「ますらをの心振り起こし―腰に取り佩 (は) き」〈・四七八〉

[枕]
  1. を身に添え、また磨 (と) ぐところから、「身に添ふ」「磨 (と) ぐ」にかかる。また、を神聖視するところから、「斎 (いは) ふ」にかかる。

    1. 「うち鼻ひ鼻をそひつる―身に添ふ妹 (いも) し思ひけらしも」〈・二六三七〉

    2. 「―斎ひ祭れる神にしまさば」〈・三二二七〉
  1. 剣の刃を「な」というところから「名」「汝 (な) 」にかかる。

    1. 「―名の惜しけくも我はなし君に逢はずて年の経ぬれば」〈・六一六〉