• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 原本の写し。特に、正本の控えとするため、正本と同一内容のものとして作成される文書。「戸籍の副本」

  1. 同一の図書が2部以上ある場合、最初に受け入れた正本以外の図書。