• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

雨上がりなどに通常見られるの外側にある、ひと回り大きい虹。通常の虹である主虹(第一次虹)と副虹(第二次虹)は常に対となって現れるが、色が薄いため観測しにくい。色の並びは主虹と逆になる。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉