[動ラ下一][文]わ・る[ラ下二]
  1. 強い力が加わるなどして、固体がいくつかに分かれ離れる。こわれて細かくなる。「茶碗が―・れる」「卵が―・れる」「氷が―・れる」

  1. 裂け目ができる。また、傷がついて開いた状態になる。「地震で地が―・れる」「ぱっくりと―・れた額」

  1. まとまっているもの、組織などが二つ以上に分かれる。分かれてまとまりがなくなる。分裂する。「意見が―・れる」「党が―・れる」「票が―・れる」

  1. そろえた両膝の間が空く。「浴衣の膝が―・れて素肌が見える」

  1. 隠れていたものなどが現れる。秘密などが明らかになる。「底が―・れる」「身元が―・れる」「犯人(ほし)が―・れる」

  1. 音が濁って聞きとりにくくなる。「音が―・れる」

  1. (「われるような」「われんばかりの」などの形で、比喩的に用いる)物事の程度がはなはだしいさまをいう。「場内―・れんばかりの拍手」「頭が―・れそうに痛い」

  1. 割り算で、余りのない答えがでる。わりきれる。「九は三で―・れる」

  1. 手形割引で現金化される。「手形が―・れる」

  1. 10 相場が下落してある値段以下になる。「株価が―・れる」

  1. 11 (「縦に割れる」の形で)野球の投球で、上下に大きく曲がるさまをいう。「―・れるカーブ」

  1. 12 あれこれ思って心が乱れる。

    1. 「聞きしよりものを思へば我 (あ) が胸は―・れて砕けて利心 (とごころ) もなし」〈・二八九四〉

  1. 13 勝負がつかないままで終わる。引き分ける。

    1. 「―・れたるは半月の夜の相撲かな」〈伊勢踊〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース