• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「劇症型溶血性レンサ球菌」と書くことが多い》突発的に発症し急速に進行する、溶血性連鎖球菌による感染症。原因となるA群溶血性連鎖球菌は皮膚やのどに常在し、咽頭炎扁桃炎などを起こすが、血液や筋肉、肺などに侵入すると重症化することがある。発症すると、手足の皮膚や筋肉の壊死が急速に進み、多臓器不全からショック状態に陥り、数十時間で死に至ることもある。