• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

1を原数とし、1に1を加えて2とし、2に2を加えて4とし、4に4を加えて8とするように、倍加していく方法。「易経」繋辞上の「易に太極有り、是 (これ) 両儀を生じ、両儀四象を生じ、四象八卦 (はっか) を生ず」に基づき、中国北宋の邵雍 (しょうよう) が、天地万物の変化・消長の数理を推測するのに用いたという算法。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉