• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸中期の俳論・俳諧撰集。加舎白雄 (かやしらお) 著。明和8年(1771)刊行。俳論では、自然の姿を重んじて私意を排すべきであると論じる。