• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浄瑠璃仮名手本忠臣蔵」などの登場人物。桃井家の家老で、主君若狭之助が高師直 (こうのもろなお) を討とうとするのを止め、また、師直を殿中で斬 (き) ろうとした塩谷判官 (えんやはんがん) を抱きとめる。