• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

加舎白雄の解説 - 小学館 大辞泉

[1738~1791]江戸中期の俳人。信濃国上田の人。本名、吉春。別号は、昨烏・白尾坊など。諸国を遊歴し、江戸に春秋庵を開いた。著「面影集」「加佐里那止 (かざりなし) 」「俳諧寂栞 (さびしおり) 」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉