• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸初期に、加賀国で発達した象眼。京都から伝わったもので、文様を平象眼したうえに、糸象眼で細い線をのせる特徴がある。刀の小柄 (こづか) や鐔 (つば) に用いる。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉