• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸中期、加賀藩主前田吉徳 (まえだよしのり) の死後に起こったお家騒動。家老前田直躬 (まえだなおみ) と、財政改革のために登用された大槻伝蔵 (おおつきでんぞう) との対立に加え、吉徳の側室真如院がからんで抗争が続き、主家横領を企てたとして伝蔵は配所で自殺、真如院は殺され、関係者すべてが処刑された。小説・浄瑠璃・講談などに脚色されている。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉