• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形シク]《動詞「いたず(労)く」の形容詞化。「いたつかわし」「いたずがわし」とも》
  1. そのことに一生懸命になるさま。

    1. 「愚かなる人、この楽しびを忘れて、―・しく外の楽しびを求め」〈徒然・九三〉

  1. わずらわしい。めんどうである。

    1. 「我より上なる人と伴へば、―・しき事のみあって」〈仮・伊曽保・中〉

[形シク]いたずかわし