主君・主人・父親などの怒りに触れ、とがめを受けること。また、その怒りやとがめ。「勘気をこうむる」「勘気に触れる」

出典:青空文庫