勝海舟の解説 - 小学館 大辞泉

[1823~1899]幕末・明治時代の政治家。江戸の人。名は義邦、のち安芳 (やすよし) 。通称、麟太郎。安房守 (あわのかみ) 。蘭学兵学を学び、万延元年(1860)幕府使節とともに、咸臨丸 (かんりんまる) を指揮して渡米。幕府海軍育成に尽力。幕府側代表として西郷隆盛と会見し、江戸無血開城を実現。明治維新後、海軍卿・枢密顧問官などを歴任。著「吹塵録」「海軍歴史」、自伝「氷川清話」など。

勝海舟の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家 学者・教授
出生地
武蔵国江戸本所亀沢町(現・東京都)
生年月日
1823年3月12日 うお座
没年月日
1899年1月21日(享年75歳)
別表記
勝驎太郎 勝安芳 勝義邦

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース