• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大乗経典。1巻。宋の求那跋陀羅 (ぐなばつだら) 訳。勝鬘夫人 (しょうまんぶにん) 仏陀の威神力を受けて一乗真実の道理と如来蔵法身について説き、仏陀が賞賛してそれを是認する形をとる経典。在家得道の信仰を示した経典として重要。勝鬘師子吼一乗大方便方広経。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉