• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

勤倹尚武の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

よく働いて質素につとめ、武勇を尊び励むこと。▽「勤倹」は勤勉で倹約なこと。「尚」は尊ぶこと。武士たる者の生活態度として重んじられた考え方。
句例
勤倹尚武の施策を講ずる
用例
あながちに勤倹尚武を主とするにあらず、決して廃物利用を心掛くるにあらず<内田魯庵・文学者となる法>

勤倹尚武の解説 - 学研 四字熟語辞典

よく働き、質素な生活をし、武芸にはげむこと。
注記
「勤倹」は、「勤勉倹約」の略。「勤勉」は、熱心にはげむこと。「倹約」は、金品をむだ使いしないこと。「尚」は、とうとぶで、「尚武」は、武芸を尊たっとぶこと。武士の基本的な生活態度として重んじられた考え方。

勤倹尚武の解説 - 小学館 大辞泉

勤倹で、武勇を尊ぶこと。

キーワード[節約]の四字熟語

ワンクリックで類語・誤字がわかる goo辞書搭載のエディタ idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。