勧善懲悪の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

善良な人や善良な行いを奨励して、悪者や悪い行いを懲らしめること。▽「善ぜんを勧すすめ悪あくを懲らす」と訓読する。「懲悪勧善ちょうあくかんぜん」ともいう。
出典
『春秋左氏伝しゅんじゅうさしでん』成公せいこう一四年
用例
ひたすら勧善懲悪をば小説、稗史はいしの主眼とこころえ、彼の本尊たる人情をば<坪内逍遥・小説神髄>
類語
遏悪揚善あつあくようぜん 勧奨懲誡かんしょうちょうかい

勧善懲悪の解説 - 学研 四字熟語辞典

よい行いを勧め、悪事を懲らしめること。
注記
略して「勧懲かんちょう」ともいう。出典の「悪あくを懲らし、善ぜんを勧すすむるは聖人せいじんに非あらずとも誰たれか能く之れを修おさめん」による。
出典
『春秋左氏伝しゅんじゅうさしでん』成公せいこう一四年

勧善懲悪の解説 - 小学館 大辞泉

善事を勧め、悪事を懲らすこと。特に、小説・芝居などで、善玉が最後には栄え、悪玉は滅びるという筋書きによって示される、道徳的な見解にいう。勧懲。

出典:青空文庫

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。